スーパーライト級戦線、アドレナリン放出試合続出です!
しかし、何を血迷ったのか、6月にはアドレナリン出っぱなし確実の試合が、いくつもWOWOWで放送される。

c0014978_1843556.jpgこの間もいくつか面白い試合はあったが、この6月のスーパライト級の入り乱れての闘いは、見逃す事の出来ない試合ばかり。放送枠がゴールデンタイムに戻っていて本当助かった(笑)。


■カスティージョvsコラレス

まず、ホセ・ルイス・カスティージョ (WBCチャンピオン)とディエゴ・コラレス (WBOチャンピオン)戦。最後は、野球で言えば、正に「サヨナラ逆転満塁ホームラン」だった。

10R、コラレスが2度ダウン、誰もがカスティージョの勝利を確信した時、相打ちから始まった捨て身のコラレスの有効打が当たる。そして、グラついたカスティージョにすかさず連打、レフェリーが静止、劇的な逆転劇だった。

この闘いで分かった事は、S.ライト級が高いレベルでせっているという事だ。
この調子だと、私は6月を高血圧のまま過ごさなければならない(笑)。


■更に、チューvsハットン

コンスタンチン・チュー (IBFチャンピオン)とリッキーハットン戦。イギリス・マンチェスター、地元の大声援を後ろ盾に、新しいチャンピオンが誕生した。

11Rまで、序盤と終盤をハットン、中盤をチューが支配した。
元3団体統一、最近復帰したチューに対して、全く物怖じしないハットンが、素晴らしい動きを見せる。

こんなに顔を腫らしているチューを見るのは、本当に久しぶり。イギリスの番狂わせの魔物がヒタヒタと忍び寄って来ていたのだ。

12Rが始まる前、チューは試合放棄。見ている方としては、「あと1ラウンドだけだろー!」と突っ込みたくなったが、彼の表情は、既に闘うソレではなくなっていた。

ここに新しいチャンピオンが誕生。ハットンを地元声援が暖かく包んだ。
最後は、ハットンとチューがそれぞれマイクで観客に話しかけるという珍しいパフォーマンスがあって、和んで終了!(笑)

■チューの今後は?

気になるのは、チューがこの先続けていくのか、それともこの若きチャンピオンへの敗戦で一線を退くのか?という所。
もし、このまま引退する事になったら、チューの全盛期を知っているだけに残念でならない。

しかし、S.ライト級、全く何が起こるか分かりません!
まだまだ、この先も楽しみです!
[PR]
by funkme | 2005-06-09 19:14 | Boxing
<< 「優勝はブラジル。でもリケルメ... ああ、シーズンオフだなーと今頃... >>



ホームページ制作
カテゴリ
全体
UEFAサッカー
音を楽しむ
電気モノ
デザイン
Boxing
携帯
独言
こちらも運営中!
ライフログ
最新のトラックバック
試写室にてwww
from 暴走
Tramadol ult..
from Ibuprophen and..
Rape porn.
from Teen rape porn.
Tramadol no ..
from Tramadol dog.
Incest sex s..
from Mom incest.
お気に入りブログ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧