2006年は岡本太郎ファンにとって一つのクライマックスかも!!
「明日の神話」パネル公開 岡本太郎さんの巨大壁画 [ 04月15日 10時12分 ]


早く、修復された完成版が見たい!

デザインってたのしっ!
[PR]
# by funkme | 2006-04-15 15:05 | デザイン
すっかりごぶさた
こちらのブログの存在を忘れかけていました(o_o;)ひゃーー

この長い何も更新しない間に、バンド「ギャラクシーダイナマイツ」のライヴがあったり、デザインの仕事から趣味に近い所まで、様々動きがありの目まぐるしい日々でした。

リーガエスパニョーラも観戦はしつつ仕事をしたり、でも記事を書くまでは至らず、いっそPodCastで好き勝手に配信するかとも思いました。

このブログは、いつ復活?
ん〜。
[PR]
# by funkme | 2005-11-14 01:06 | 独言
「優勝はブラジル。でもリケルメに注目しよう!」〜コンフェデレーションズカップ2005終了!!
プレ・ワールドカップという事と、日本も出場したという事で、決勝まで民放でちゃんと放送してくれたのが嬉しかった!

c0014978_10274574.jpg日本は、まだまだ勝ちきれない所があって心配だが、これから先を期待して目をつぶります(笑)。


やはり、最後に残った4チーム、ブラジル、アルゼンチン、ドイツ、メキシコの試合は、どれもため息の出るプレーが続出、楽しかった!

メキシコのコンパクトなサッカーも凄く良かったし、ドイツもミスを減らせばやはり強い。
3位決定戦のバラックのフリーキック、あの場面で決められるってのは素晴らしいよ。


■これだけの試合が観られただけで充分だった

でも、何と言ってもスペインで活躍する2人、ロナウジーニョとリケルメのブラジルvsアルゼンチンが決勝で実現した事。もちろん、カカ、アイマール等、攻撃的MFの顔合わせが豪華すぎて、それだけでアドレナリン放出状態(笑)。

前半、目の離せない時間が続き、一瞬のスペースを突いて、アドリアーノ、カカの少し後ろからのシュートが突き刺さる。

後半、ロナウジーニョ、そして、アドリアーノの2点目でトドメを刺す。
アルゼンチンは、途中交代の背番号10、今期怪我とバレンシアの不調の中、不遇のシーズンを送ったアイマールのヘディングでのゴール1点に留まった。

この試合、アルゼンチンのディフェンスが、疲れのせいかモチベーション低下していたのが残念だった。先の南米予選では、ブラジルを粉砕して、ワールドカップ出場を決めているという気持ちが悪い方に働いたのか?


■この先は、リケルメのチェックをお願いします!

キャプテンとして、初めてのタイトルを得たロナウジーニョに、まずは「おめでとう!」。
そして、これを期に、マラドーナに「あいつは俺の後継者じゃない!」と言われた(笑)、リケルメの日本での認知度アップも期待したい。

彼は、予備予選からだが、もうすぐ始まるチャンピオンズリーグにビジャレアルの一員として登場する。今回の大会で彼を知った人には、このまま続けてチェックしていってもらいたい。
彼の発想は、もしかすると全てのMFを怒濤する力を秘めているからだ。


また、楽しいサッカーに出会える日を期待して、さて仕事仕事。。。(笑)


Excite:<コンフェデ杯>ブラジル優勝 南米対決、4—1で圧勝の記事
[PR]
# by funkme | 2005-06-30 11:01 | UEFAサッカー
スーパーライト級戦線、アドレナリン放出試合続出です!
しかし、何を血迷ったのか、6月にはアドレナリン出っぱなし確実の試合が、いくつもWOWOWで放送される。

c0014978_1843556.jpgこの間もいくつか面白い試合はあったが、この6月のスーパライト級の入り乱れての闘いは、見逃す事の出来ない試合ばかり。放送枠がゴールデンタイムに戻っていて本当助かった(笑)。


■カスティージョvsコラレス

まず、ホセ・ルイス・カスティージョ (WBCチャンピオン)とディエゴ・コラレス (WBOチャンピオン)戦。最後は、野球で言えば、正に「サヨナラ逆転満塁ホームラン」だった。

10R、コラレスが2度ダウン、誰もがカスティージョの勝利を確信した時、相打ちから始まった捨て身のコラレスの有効打が当たる。そして、グラついたカスティージョにすかさず連打、レフェリーが静止、劇的な逆転劇だった。

この闘いで分かった事は、S.ライト級が高いレベルでせっているという事だ。
この調子だと、私は6月を高血圧のまま過ごさなければならない(笑)。


■更に、チューvsハットン

コンスタンチン・チュー (IBFチャンピオン)とリッキーハットン戦。イギリス・マンチェスター、地元の大声援を後ろ盾に、新しいチャンピオンが誕生した。

11Rまで、序盤と終盤をハットン、中盤をチューが支配した。
元3団体統一、最近復帰したチューに対して、全く物怖じしないハットンが、素晴らしい動きを見せる。

こんなに顔を腫らしているチューを見るのは、本当に久しぶり。イギリスの番狂わせの魔物がヒタヒタと忍び寄って来ていたのだ。

12Rが始まる前、チューは試合放棄。見ている方としては、「あと1ラウンドだけだろー!」と突っ込みたくなったが、彼の表情は、既に闘うソレではなくなっていた。

ここに新しいチャンピオンが誕生。ハットンを地元声援が暖かく包んだ。
最後は、ハットンとチューがそれぞれマイクで観客に話しかけるという珍しいパフォーマンスがあって、和んで終了!(笑)

■チューの今後は?

気になるのは、チューがこの先続けていくのか、それともこの若きチャンピオンへの敗戦で一線を退くのか?という所。
もし、このまま引退する事になったら、チューの全盛期を知っているだけに残念でならない。

しかし、S.ライト級、全く何が起こるか分かりません!
まだまだ、この先も楽しみです!
[PR]
# by funkme | 2005-06-09 19:14 | Boxing
ああ、シーズンオフだなーと今頃総まとめ。
チャンピオンズリーグは、リバプールの劇的優勝。

c0014978_1813430.jpgその昔、ACミランのバレージの凄さに、Euroサッカーに入り込んだ経緯を持つ私としては、今回の結果はチョット悔しい。ミランもカカが凄かったのに!

でも、リバプールのジェラード、良い選手だなー。
好みじゃないけど(笑)。


先日、WOWOWでリーガエスパニョーラの総集編を1時間半程放送していたのだが、素晴らしいサッカーを見せてくれたバルサの優勝を改めて祝福しつつ、煮え切らないレアルが一応2位なんだなー、と感心したり(笑)、チャンピオンズリーグ出場圏内に、一押しのビジャレアルと、泥臭さが魅力のベティスが入って嬉しい!だのウダウダ言いながら見てました(笑)。

このオフシーズン後、アッという間に白熱した闘いが戻って来るんだなー、と空を見上げつつ、'04-'05シーズンの締めくくりと致します(笑)。

あれれ、ドイツ、イギリス、オランダとかの話は?
ん〜、あんなものでしょ。好きな人ごめんなさい(笑)。
[PR]
# by funkme | 2005-06-09 18:01 | UEFAサッカー
ニンテンドー!ニュー!
「任天堂の新ハード」を見た。ちょっと欲しいかも。ミクロが(笑)
でっかい方は、昔のゲームが全部楽しめる可能性が嬉しいかも。さて、プレステ3は?所で、Xboxは?
[PR]
# by funkme | 2005-05-18 13:52 | 電気モノ



ホームページ制作