スーパーライト級戦線、アドレナリン放出試合続出です!
しかし、何を血迷ったのか、6月にはアドレナリン出っぱなし確実の試合が、いくつもWOWOWで放送される。

c0014978_1843556.jpgこの間もいくつか面白い試合はあったが、この6月のスーパライト級の入り乱れての闘いは、見逃す事の出来ない試合ばかり。放送枠がゴールデンタイムに戻っていて本当助かった(笑)。


■カスティージョvsコラレス

まず、ホセ・ルイス・カスティージョ (WBCチャンピオン)とディエゴ・コラレス (WBOチャンピオン)戦。最後は、野球で言えば、正に「サヨナラ逆転満塁ホームラン」だった。

10R、コラレスが2度ダウン、誰もがカスティージョの勝利を確信した時、相打ちから始まった捨て身のコラレスの有効打が当たる。そして、グラついたカスティージョにすかさず連打、レフェリーが静止、劇的な逆転劇だった。

この闘いで分かった事は、S.ライト級が高いレベルでせっているという事だ。
この調子だと、私は6月を高血圧のまま過ごさなければならない(笑)。


■更に、チューvsハットン

コンスタンチン・チュー (IBFチャンピオン)とリッキーハットン戦。イギリス・マンチェスター、地元の大声援を後ろ盾に、新しいチャンピオンが誕生した。

11Rまで、序盤と終盤をハットン、中盤をチューが支配した。
元3団体統一、最近復帰したチューに対して、全く物怖じしないハットンが、素晴らしい動きを見せる。

こんなに顔を腫らしているチューを見るのは、本当に久しぶり。イギリスの番狂わせの魔物がヒタヒタと忍び寄って来ていたのだ。

12Rが始まる前、チューは試合放棄。見ている方としては、「あと1ラウンドだけだろー!」と突っ込みたくなったが、彼の表情は、既に闘うソレではなくなっていた。

ここに新しいチャンピオンが誕生。ハットンを地元声援が暖かく包んだ。
最後は、ハットンとチューがそれぞれマイクで観客に話しかけるという珍しいパフォーマンスがあって、和んで終了!(笑)

■チューの今後は?

気になるのは、チューがこの先続けていくのか、それともこの若きチャンピオンへの敗戦で一線を退くのか?という所。
もし、このまま引退する事になったら、チューの全盛期を知っているだけに残念でならない。

しかし、S.ライト級、全く何が起こるか分かりません!
まだまだ、この先も楽しみです!
[PR]
by funkme | 2005-06-09 19:14 | Boxing
<< 「優勝はブラジル。でもリケルメ... ああ、シーズンオフだなーと今頃... >>



ホームページ制作