「優勝はブラジル。でもリケルメに注目しよう!」〜コンフェデレーションズカップ2005終了!!
プレ・ワールドカップという事と、日本も出場したという事で、決勝まで民放でちゃんと放送してくれたのが嬉しかった!

c0014978_10274574.jpg日本は、まだまだ勝ちきれない所があって心配だが、これから先を期待して目をつぶります(笑)。


やはり、最後に残った4チーム、ブラジル、アルゼンチン、ドイツ、メキシコの試合は、どれもため息の出るプレーが続出、楽しかった!

メキシコのコンパクトなサッカーも凄く良かったし、ドイツもミスを減らせばやはり強い。
3位決定戦のバラックのフリーキック、あの場面で決められるってのは素晴らしいよ。


■これだけの試合が観られただけで充分だった

でも、何と言ってもスペインで活躍する2人、ロナウジーニョとリケルメのブラジルvsアルゼンチンが決勝で実現した事。もちろん、カカ、アイマール等、攻撃的MFの顔合わせが豪華すぎて、それだけでアドレナリン放出状態(笑)。

前半、目の離せない時間が続き、一瞬のスペースを突いて、アドリアーノ、カカの少し後ろからのシュートが突き刺さる。

後半、ロナウジーニョ、そして、アドリアーノの2点目でトドメを刺す。
アルゼンチンは、途中交代の背番号10、今期怪我とバレンシアの不調の中、不遇のシーズンを送ったアイマールのヘディングでのゴール1点に留まった。

この試合、アルゼンチンのディフェンスが、疲れのせいかモチベーション低下していたのが残念だった。先の南米予選では、ブラジルを粉砕して、ワールドカップ出場を決めているという気持ちが悪い方に働いたのか?


■この先は、リケルメのチェックをお願いします!

キャプテンとして、初めてのタイトルを得たロナウジーニョに、まずは「おめでとう!」。
そして、これを期に、マラドーナに「あいつは俺の後継者じゃない!」と言われた(笑)、リケルメの日本での認知度アップも期待したい。

彼は、予備予選からだが、もうすぐ始まるチャンピオンズリーグにビジャレアルの一員として登場する。今回の大会で彼を知った人には、このまま続けてチェックしていってもらいたい。
彼の発想は、もしかすると全てのMFを怒濤する力を秘めているからだ。


また、楽しいサッカーに出会える日を期待して、さて仕事仕事。。。(笑)


Excite:<コンフェデ杯>ブラジル優勝 南米対決、4—1で圧勝の記事
[PR]
by funkme | 2005-06-30 11:01 | UEFAサッカー
<< すっかりごぶさた スーパーライト級戦線、アドレナ... >>



ホームページ制作