カテゴリ:音を楽しむ( 5 )
ジェニファーロペス
最近のお気に入りの曲は、ジェニファーロペスのGet Right !!!

c0014978_0463055.gifこの曲、注目は、ファンク・ファンキー・グルーヴィー・サックスのメイシオパーカー(JB's & P-Funk等)の音をサンプリングしているって所!!このリスペクトは異議なな〜〜〜し!(笑)

アルバム「リバース」
[PR]
by funkme | 2005-03-01 00:48 | 音を楽しむ
2005年グラミー賞、JB登場!
2005年のグラミー賞がありました。そんな事言ってる間にアカデミー賞も来るね(笑)。

c0014978_17471715.gif結局、亡きレイチャールズにオマージュを捧げる様な形になったが、大好きなアリシアキーズやプリンスが微妙に受賞していた(笑)のと、ゴスペルをベースにした各パフォーマンスで、とても充実した内容だった。

アリシアやカニエ・ウェストもパフォーマンスで株を上げたと思うが、最も楽しかったのが、アッシャーとジェイムズブラウン(JB)の絡み!

アッシャーの声は、綺麗すぎてワイの好みとはちょっと違うのだが、ダンスはとても凄いと思う。ビシッと止まるし。
そこへ、JB乱入!ゲロッパ!!!と連呼!1933年生まれのファンクじいさんが、会場を自分のものに変えてしまう。

ああ、楽しかった(笑)
[PR]
by funkme | 2005-02-26 17:57 | 音を楽しむ
オリジナルP&ZAPP来日!
Zepp東京に、P-Funkのオリジナルメンバーがやってくる、しかもスペシャルゲストにジョージクリントン!仲違いしたメンバーと再び同じステージに立つのか注目だった。

c0014978_1459291.gif結果は、雪のため飛行機が飛ばず出演不可能との事だったが、本音はP-Funk All Starsのツアーもあるし、タイトなスケジュールを合わせて来る程もないって事だったみたい。
実際に、大雪の影響でその日の公演予定の他のバンドの数人も来られなかった事は確かだったが、告知義務を寸前まで怠った興行元には不信感が残った。

だが、Fuzzyをはじめ、All Starsで観られない人達を間近に観られたのは感激。選曲も待ってました!って感じで。ただ、ホーンをキーボードで代用しちゃってるのがちょっと残念だった。
一つ前に登場したZAPPもエンターテイメントに徹して、研究材料としても楽しいものだった。ファンキーな一夜に感謝!
[PR]
by funkme | 2005-01-30 13:07 | 音を楽しむ
ダンスサミット2
2004年12月25日・新高輪プリンスホテルでダンスサミット2というイヴェントがあった。これにMISA先生プロデュースチームという事で、我が娘も登場。応援して来ました!

c0014978_1631624.jpgダンスのプロの先生達が教えるチームや、そのダンサーらのプロジェクトが一同に会するイヴェント。ヒップホップやチア等。さすがに先生達自らの企画チームは凄かった!私の娘は、チアの小学生チームとして出場。前の日から腹痛ですっかりダウン気味だったけど、頑張って踊り終えて一安心。良くやった!ちなみにMISA先生、ワンナイのゴリエの右横で踊ってる凄い人なの、実は。


c0014978_1657041.jpgしかし、このノンストップの構成は、非常に大変だったと思う。リハが異常に長かったのもうなずける。所で、この日は、大江千里ディナーショーとK1記者会見なんぞもやっていて、がたいのでかい人達もうろうろしてた。帰りは、ホテルでサザエさんのお菓子も買って帰りました(笑)。
[PR]
by funkme | 2004-12-30 16:29 | 音を楽しむ
2004年、良く聞いた音楽とか
とりあえず、音楽の話でも書いてみますか。

c0014978_2345958.jpg今年は、2004年グラミー賞の中で [Back In Funk]という企画コーナーがあり、間に若い人達を挟みながら、オープニングに Earth, Wind & Fire、最後にP-Funkという構成で繰り広げられた。

FunkやFunky Musicを現在の音楽のルーツとして、広くアピールした良い企画だったと思う。が、あれだけでは全てを語る事は出来ないはず、とは思いながら、やっぱ何か嬉しい(笑)

グラミー賞自体のオープニングは、プリンス+ビヨンセ。
プリンスは、Back In Funkにも出たかったろうが、ビヨンセと共演となったら、ワイもビヨンセを選ぶだろう(笑)

所で、2004年、何を聞いて過ごしたか。
60's、70'sの音楽は、まあ昔から聞き続けているので、新しい人達で書こう。3人挙げるなら、グラミーで復活をアピールしたプリンスと、アリシア・キーズ、ブラック・アイド・ピーズかな。この人達は、伝統を大事にしながら、新しいパワーを生み出していると思った。
そんなこんなで。
[PR]
by funkme | 2004-12-17 21:39 | 音を楽しむ



ホームページ制作